毎年4月に開催される「岩科重文まつり」。当日は、郷土芸能の披露や地場産品の直売、体験コーナー、焼きそばなどの販売で賑わいます。

 国指定重要文化財・岩科学校は終日無料開放。村民たちが情熱をかたむけ、大切に守り続けた岩科学校は、1975(昭和50)年、建築史上貴重な遺産として、重要文化財に指定され、2005(平成17)年には、旧開智学校と姉妹館提携しています。

 当時の授業の様子や地場産業であった「まゆ」の展示、農機具、給食食器などが飾られ、2階の鶴の間には、左官技術と彩色技法を巧みに融合させ、長八作品の傑作といわれる欄間などがあり、当時を垣間見ることができます。

 
◆日時/2018年4月22日(日)午前10時~午後2時
※まつり当日は重要文化財岩科学校を無料開放。
◆場所/重要文化財岩科学校周辺
◆問い合わせ/0558-42-3964・岩科重文まつり実行委員会(松崎町役場企画観光課内)