ヤーマン光美容器「レイボーテ」新商品発表会に出席した大谷亮平さん

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(2~8日)は、大谷亮平さんが企業の新商品発表会に出席した話題、ディーン・フジオカさんがNHKで番組のテーマ曲を担当するニュースなどが注目された。前後編で取り上げる。

 昨年の人気ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」(TBS系)で“ハイスペックイケメン”を演じて人気となった大谷さんは2日、東京都内で行われたヤーマン光美容器「レイボーテ」新商品発表会に出席した。発表会後に取材に応じ、“第2のディーン・フジオカ”と言われていることについて聞かれると「まあ、海外から来たということで、そう言ってもらえるんですけれど……はい」と困惑気味で、「ディーンさんは、事務所の先輩です」と苦笑いした。

 大谷さんは、これまでPRイベントなどには数回参加したが、報道陣の「囲み取材」は初めてといい「テレビで見てた世界ですね」と、報道陣のたくさんのマイクにびっくり。これまで韓国で俳優として11年半活動してきたが「日本人なので日本で仕事ができるタイミングを探っていた」といい、今年は倉科カナさん主演の連続ドラマ「奪い愛、冬」(テレビ朝日系)に出演。「既婚者の役は初めて。新しいことをやるといろいろな発見がある」と語った。今後も国内で活動するというが「韓国や台湾の仕事も続けたい。いろいろな場所で仕事ができたら」と力を込めていた。

 フジオカさんが、NHK・Eテレの語学番組「テレビで中国語」(毎週火曜午後11時25分)のテーマ曲を担当することが7日、明らかになった。同日に同局で行われた会見で明かされた。

 テーマ曲のタイトルは中国語で「午夜天使的翅膀」。昨年リリースされたフジオカさんのアルバム「Cycle」に収録の「Midnight Messenger」が全編中国語の歌詞となって新録されたもので、4月4日から放送される「テレビで中国語」で楽曲の一部が流れる。「テレビで中国語」は、2006年に「ちびまる子ちゃん」の実写ドラマでまる子役を演じた森迫永依さんが生徒役を務める。

毎日キレイ