佐藤浩市さんの息子・寛一郎さん

 1週間のイケメン有名人の話題を紹介する「今週のイケメン」。今回(2~8日)は、佐藤浩市さんの息子、寛一郎さんが俳優デビューするニュース、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」に出演中の俳優の古川雄輝さんが写真集の発売記念イベントを行った話題などが注目された。前後編で取り上げる。

 佐藤さんの息子、寛一郎さんが、9月23日に公開される映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(廣木隆一監督)に出演し、俳優デビューすることが3日、明らかになった。寛一郎さんは、「親のことを言われるのは正直うれしくはないですが、注目していただけることはありがたいことでもあるので、それをプラスに変えて今後の俳優人生を進んで行こうと思っています。将来は、『いい俳優』と言われるような俳優になりたいです」と語った。

 また「17歳か18歳の時に、俳優を目指そう」と決意したといい、「その後、そのことを父親に伝えた時は、『そうか』と一言でしたが、いろいろな意味が含まれた言葉で、今も鮮明に心に残っています」と回顧。撮影現場では、「同世代の俳優3人でずっと一緒だった」といい、「スタッフの皆さんがとても 真摯(しんし)に作品作りに向き合っているのが伝わってきて、とても楽しい現場でした」と振り返った。

 映画は東野圭吾さんの小説が原作。寛一郎さんは、主演を務めるアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」の山田涼介さん演じる主人公・敦也の幼なじみ、幸平を演じる。

 古川さんは5日、東京都内で写真集「unknown」(宝島社)の発売記念イベントを開催。今年30歳を迎えるが、若い役が多いといい、「『べっぴんさん』でも15歳(の役)からやっていたり、若い役が多いので、こういう大人っぽい写真集を出して役の幅を広げていければ」と語り、挑戦したいことを聞かれると「大人な役です。基本10代(の役)なんで」と苦笑交じりに明かした。

 「べっぴんさん」では、芳根京子さん演じるヒロインとともに会社を創業したメンバーの一人息子で、ヒロインの娘と恋に落ちる青年・健太郎役を演じている。

 ドラマのタイトルにかけて、プライベートでの“べっぴんさん”との恋について聞かれると「個人的に“べっぴんさん”と何かあるといいな。もう大人ですから、そろそろ結婚とかもいいな」と語り、「とにかく(性格が)いい子。わかりやすく言うと、『ありがとう』ってしっかり言える人。ちょっとしたことにも『ありがとう』とか、朝起きたら『おはよう』と言える人がいいですね」と答えていた。

 「unknown」は“20代最後”の写真集として、29歳の古川さんの等身大を表現。A4判ソフトカバー、128ページ。価格は2800円(税抜き)。

毎日キレイ