「第30回日本メガネベストドレッサー賞」表彰式に出席した欅坂46のメガネ選抜メンバー

 アイドルグループ「欅坂46」が「第30回日本メガネベストドレッサー賞」を受賞し、11日に東京都内で行われた表彰式に出席。今後メガネをかけて活躍してほしい人に贈られる「特別賞」が贈られた欅坂46から菅井友香さん、長濱ねるさん、土生瑞穂さん、守屋茜さん、小林由依さんの5人が“メガネ選抜メンバー”として登場し、珍しいメガネ姿を披露した。

 菅井さんは「こんなすてきな賞を受賞させていただけるなんて本当にびっくり。今日は偉大な先輩方に交じって、私たちも賞をいただくことができて、本当に光栄です。うれしいです」とにっこり。選抜メンバーの選考基準を聞かれると「詳しくはよく分からないです」と首をひねり、報道陣の「大人の事情?」という質問には苦笑いを浮かべていた。

 長濱さんは視力の悪いメンバーも多いといい、「朝『おはよう』っていうときは大抵、みんなメガネです」とグループ内のメガネ事情を明かし、土生さんは「私は目がいいんですけど、ファッションの一部としてメガネを取り入れることは多い。夏とかは日差し防止にサングラスをかけたり、カジュアルなファッションするときに物足りないなって(かける)」とこだわりを語っていた。

 「メガネベストドレッサー賞」は、業界関係者からの支持に基づいて選考し、「メガネの最も似合う人」を表彰。「芸能界部門」では女優の土屋太鳳さんと俳優の高橋一生さんが受賞。「サングラス部門」はモデルの森星さん、「文化界部門」は脚本家で俳優の宮藤官九郎さん、「スポーツ界部門」は女子レスリングの吉田沙保里選手に贈られ、「政界部門」で世耕弘成・経済産業相、「経済界部門」で伊藤忠商事の岡藤正広社長が選ばれた。

関連動画

毎日キレイ