「第15回クラリーノ美脚大賞2017」を受賞し授賞式に登場した土屋太鳳さん

 女優の土屋太鳳さんが「第15回クラリーノ美脚大賞2017」を20代部門で受賞し、12日に東京都内で行われた表彰式に出席。昨日は「第30回日本メガネベストドレッサー賞」を芸能界部門で受賞しており、連日の受賞に「うれしくて、信じられません。形として賞をいただけるのがありがたいです。普段、踏ん張っていれば(活躍を)見てくださっている方がいてくれるので、感謝の言葉でいっぱいです」と声を弾ませた。

 美脚大賞は、人工皮革「クラリーノ」などを手がける「クラレ」が03年に設立。「さまざまなシーンで活躍しているすてきな美脚の著名人」を表彰している。今回は、ティーン部門で女優の平祐奈さん、30代部門でシャーロット・ケイト・フォックスさん、オーバーフォーティー部門で観月ありささんが受賞し、授賞式に出席した。

 土屋さんとフォックスさんは、それぞれ朝の連続テレビ小説「まれ」(15年3~9月放送)と、「マッサン」(14年9月~15年3月放送)でヒロインを演じており、2人は15年3月にNHKで行われた“バトンタッチ”会見で対面している。土屋さんは「あの時にいただいたエプロン(などのプレゼント)を使っています。こういった場で会えるのはうれしい」と、フォックスさんとの再会を喜び、「あの時より(フォックスさんの)日本語が上手になっていて、今度、私に英語を教えてほしい」とお願いすると、フォックスさんは「OKです!」と快諾していた。

関連動画

毎日キレイ