映画「探偵はBARにいる3」の初日舞台あいさつに登場した北川景子さん

 女優の北川景子さんが1日、東京都内で開催された映画「探偵はBARにいる3」(吉田照幸監督)の初日舞台あいさつに登場した。フリルたっぷりのボリューム感ある白トップスを、黒いスカートにインした上品ないでたち。髪をタイトにまとめてすっきりと着こなし、フープタイプのイヤリング、グレーのネイルを合わせ、鳥のモチーフと羽根の付いたチェーンベルトをコーディネートのアクセントにしていた。

 舞台あいさつには、ほかに主演を務めた大泉洋さん、松田龍平さん、前田敦子さん、志尊淳さん、鈴木砂羽さん、吉田監督が登場した。

 「探偵はBARにいる」は、札幌市出身の作家、東直己さんの「ススキノ探偵シリーズ」(ハヤカワ文庫)が原作。札幌ススキノを舞台に、その街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描いており、2011年に「探偵はBARにいる」が、13年に「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」がそれぞれ公開された。

 今作は、人捜しの依頼を受けた探偵(大泉さん)と相棒の高田(松田さん)が、失踪した女子大生について調べていくうちに、モデル事務所の美人オーナー、マリ(北川さん)と出会う。謎に包まれたマリに翻弄(ほんろう)される探偵たちは、やがて大事件に巻き込まれていく……というストーリー。

毎日キレイ