映画「祈りの幕が下りる時」のレッドカーペットイベントに登場した飯豊まりえさん

 女優の飯豊まりえさんが、12日に東京・日本橋で開かれた映画「祈りの幕が下りる時」(福澤克雄監督、2018年1月27日公開)のレッドカーペットイベントに登場。黒い半袖のニットに、フリルがたっぷり付いた黒いロングスカートを合わせたようないでたちで、黒ファッションをキュートに着こなしていた。ナチュラルなヘアスタイルや、白いイヤリングなども飯豊さんのピュアな可愛らしさを引き立てていた。

 「祈りの幕が下りる時」は、刑事・加賀恭一郎の活躍を描いた東野圭吾さんの小説が原作。「新参者」シリーズの10作目となる完結編で、これまで明かされていなかった加賀の“母の失踪の謎”が明らかになる。東京都葛飾区小菅のアパートで、滋賀県在住の押谷道子の絞殺死体が発見され、アパートの住人の越川睦夫も行方不明になっていたが、2人の接点が見つからずに捜査は難航。やがて捜査線上に舞台演出家の浅居博美(松嶋菜々子さん)が浮かび上がる……というストーリー。

 イベントにはほかに、阿部寛さん、松嶋菜々子さん、溝端淳平さん、春風亭昇太さん、田中麗奈さん、伊藤蘭さん、小日向文世さん、福澤監督も出席した。飯豊さんは、舞台女優だった20歳のころの浅居博美を演じる。

毎日キレイ