新年から笑顔の三浦理恵子さん(右)と母・幸子さん

 皆さん、明けましておめでとうございます。

 平成30(2018)年も、どうぞよろしくお願いします!

 30というキリのいい数字のお陰なのでしょうか、新しい気持ちですがすがしくスタートできた気がします。

 気持ちいい…って大事ですよね。

 気持ちがいいと前向きに物事を考えられて、自然と笑顔でいられるし、逆に気の巡りが滞ると、病は気からという言葉通り、体に不調を感じたり……。

 目に見えるものではないからこそ、ストレスは自分から率先して発散したいですよね。気持ちがいいことって、私たちの体にとても大事なことなのです。

 気持ちよく過ごすためには、笑顔でいることが一番の薬だと思っています。

 笑顔は、すべての人を気持ちよくしてくれます。

 口角を上げてリフトアップしながら、運気もアップさせましょう!

 2018年初めは、気持ちよく過ごすためのお話です。

 まずは、香りのお話。

 気分転換にもなるし、香りを上手に使うことで、その人の印象も変わるので楽しんでみてくださいね!

 ◇香りで癒やされましょう 

 気を整える方法はたくさんありますが、私は香りで気分に変化をつけています。

 例えば……。

 ☆朝、活動的に動きたいとき

 「ila(イラ)」の「ボディクリームVE」でマッサージして爽やかに気を上げていきます。香りはレモングラスやジュニパーベリーなどすがすがしい元気な香りです。このクリームでマッサージすると、肌が柔らかくなる感じがして気持ちいいですよ。イラの同じ香りのロールタイプのオイルは、外出先でも使えるので現在3本目のリピートです。

 ☆大人の女性の雰囲気を演出したいとき

 「ジョーマローン」のレッドローズのクリームとコロンで出かけます。夜、ライブハウスに行くときなど、ふっ……とすれ違ったときや動いたときに、優しくほのかに漂います。

 また、食事に出かけるときは、香りは禁物! お料理を邪魔してしまうので、ハンドクリームも香りのないものにします。

 ☆眠るとき

 ジョーマローンのイングリッシュペアー&フリージアのキャンドルや、美容家の早野實希子さんがプロデュースしたキャンドル「REINES DE PRES -Relax-」で緊張を和らげて、上質な眠りができるように気持ちを整えます。

 香りは気持ちを癒やしてくれるだけではなく、自分に自信がつきます。なりたい自分になれる香りを見つけてみるのも楽しいですよ。

 ◇お茶の香りで深呼吸

 フレーバーティーは優しい香りで気持ちを穏やかにしてくれます。私が好きなブランドは「ルピシア」という、香りの種類がたくさんあるブランドです。熱々の湯気をふうーふうーしながら、ゆっくり深呼吸すると鼻や喉の乾燥対策にもなります。

 季節によって変わるフレーバーは、贈り物にも最適です。

 ◇入浴中の香りはぜいたくに 

 英国の「AROMATHERAPY ASSOCIATES(アロマテラピーアソシエイツ)」のバスオイル「ディープリラックス バスオイル」がオススメです。

 入浴剤を選ぶときは、無添加のナチュラルなタイプがオススメです。入浴中は毛穴も開いているので、入浴剤が肌に直接吸収されます。女性なら添加物が子宮にたまるともいわれています。少し値段が高いものでも、ナチュラルなものを使いたいですね。

 果物の皮や日本酒でも、天然の香りを楽しむことができてお肌にもいいので、こちらもおススメです。

 そして、笑顔は女性をキレイに魅せる一番のアクセサリーです。お肌のケアや健康を維持することと同じように、笑顔の練習もおススメです。

 ◇笑顔もファッションの一部です!

 私は仕事をするときに、必ず心掛けていることがあります。それは、とにかく楽しむことと、笑顔を忘れないことです。

 以前、テレビ東京系の「世界ナゼそこに?日本人~知られざる波瀾万丈伝」に出演させていただいたとき、たまたま放送を見ていた主人が「よく笑っているね。VTR中で映っていないのに楽しそうで、こっちまで笑っちゃったよ」と言ったことがありました。

 撮影や収録自体、実際に楽しいのですが、疲れていたり、ハードスケジュールだったりしたときこそ、笑うように心がけています。

 笑顔は、周りの人にも連鎖して自分にも返ってくるし、無理して笑っていたとしても、笑っている間に本当に楽しくなってきます。不思議ですよね。

 今年は普段から笑顔を心掛けられるように努力してみようと思います。家族みんな明るい方が、運気も上がりますものね。

 笑う門には福来たる! 笑顔のモチベーションを保って、今年も健康で毎日キレイを目指しましょう!

毎日キレイ