映画「悪と仮面のルール」の公開直前イベントに登場した新木優子さん

 女優の新木優子さんが成人の日の8日、東京都内で行われた映画「悪と仮面のルール」(中村哲平監督、13日公開)の公開直前イベントに登場。新木さんは赤や紫や紺色を基調に桜の柄などがちりばめられた古典柄の振り袖姿で、帯は菊柄の金色。髪はすっきりと後ろにまとめ、ピンクや赤の花飾りが付いたかんざしで華やかに装っていた。

 「悪と仮面のルール」は、芥川賞作家の中村文則さんが2010年に発表した小説で、特殊な環境で育ってしまった男の究極の愛の物語。悪となるために“作られた”少年・文宏(玉木宏さん)は、愛する少女・香織(新木さん)を守るため、父を殺し、顔と名を捨て、そして香織の前から去る。文宏は別人になりすますが、香織を守るため再度、罪を犯すことを決意する……というストーリー。イベントには主演の玉木さんも参加。玉木さんは紋付き袴(はかま)姿で登場した。

毎日キレイ