「第42回エランドール賞」の授賞式に登場した柴咲コウさん

 1週間の女性有名人のファッションを紹介する「今週のファッションチェック」。今回(1月30日~2月5日)は、柴咲コウさん、木村佳乃さん、綾瀬はるかさん、麻生久美子さん、松嶋菜々子さん、沢尻エリカさん、芦名星さん、朝比奈彩さん、「乃木坂46」の西野七瀬さん、吉岡里帆さん、小松菜奈さん、二階堂ふみさん、SUMIREさん、真野恵里菜さん、桜庭ななみさんらが華やかなファッションで登場した。前後編で取り上げる。

 柴咲さん、木村さん、綾瀬さんは2月1日、東京都内であった、映画やテレビドラマなどで活躍した俳優やプロデューサー、作品を表彰する「第42回エランドール賞」の授賞式に、「お祝いゲスト」として登場した。柴咲さんはピンクの大輪の花がプリントされたオールインワン風のアイテムを着こなし、キラキラ感のあるハイヒールサンダルを合わせたファッション。エレガントなまとめ髪で、ウエストに巻いたビビッドなピンクのリボンがアクセントになっていた。

 木村さんはセンター分けにしたショートヘアで、白シャツに黒いタキシード風ジャケット、細身の黒パンツを合わせたマニッシュなコーディネート。ヌーディーなハイヒールサンダルと真っ赤なペディキュアで女らしさをプラスしていた。綾瀬さんはフリルをたっぷりあしらった、ふんわりシルエットの黒いワンピースに黒いパンプス、小ぶりのイヤリングを合わせた控えめでキュートなファッションだった。

 綾瀬さんは1月30日、東京都内で「コカ・コーラ」のイベントにもカジュアルなデニムファッションで登場。赤と黒のボーダートップスを、ロールアップした太めのデニムにインし、落ち着いた赤のパーカを羽織ったいでたち。毛先を外ハネにしたナチュラルヘアが可愛らしさを引き立てていた。足元は黒いソックスで、特設リンクでアイススケートをする際には、赤ひもの白いスケートシューズを履いていた。

 麻生さんは同30日、東京都内であった、スイス・フランス合作の劇場版ストップモーションアニメ「ぼくの名前はズッキーニ」(クロード・バラス監督、2月10日公開)のプレミア上映会に、黒×赤のドットワンピース姿で登場。ワンピースは胸元やひざ下がシースルーになった流行のデザインで、全体に細かなプリーツがあしらわれた“技あり”タイプ。ベルトでウエストマークし、ごつめの黒いショートブーツを合わせた“大人可愛い”ファッションだった。

 松嶋さんは2月4日、東京都内で公開中の映画「祈りの幕が下りる時」(福澤克雄監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに淡いブルーのワンピース姿で登場した。ワンピースは半袖のミモレ丈で、胸元やスカートの布使いが印象的なデザイン。巻いた髪をハーフアップにし、大ぶりのフープイヤリングを合わせて華やかにし、足元は白いブーサンという春を先取りしたさわやかな着こなしだった。

 沢尻さんは同1日、東京都内で開かれた映画「不能犯」(白石晃士監督)の初日舞台あいさつに出席。繊細なレースが特徴的なパープルのロングドレスにブラックサンダルを合わせ、マットな赤いリップとチークをしっかりとのせたメークで華やかに装っていた。

 この日は女優の芦名星さんも黒いベロア調の調のベアトップドレスで出席。ドレスはシンプルなシルエットながら、エアリーな生地のトレーンを引いたエレガントなデザイン。存在感のあるイヤリングやリング、ブレスレットや、キラキラしたハイヒールサンダルで、個性をプラスしていた。

 女性ファッション誌「Ray(レイ)」(主婦の友社)の専属モデルで9頭身美女とも呼ばれる朝比奈さんは同4日、東京都内でセカンド写真集「AYA」(ワニブックス、2980円)の発売記念イベントに登場。赤いミニワンピース姿で、抜群のスタイルと美しい背中や脚を披露した。ワンピースはホルターネックで、左肩に大きなフリルの袖が付いた個性的なデザイン。ピンクのネイルを合わせ、巻き髪ときらめくイヤリングでゴージャスな雰囲気をプラスしていた。

毎日キレイ