サポート事業のポスターを受け取る佐藤さん(中央)と福田さん(右)=大仁署

 ■大仁署管内で初登録

 県警は交通機関や自治体、商店などと協力し、運転免許証を自主返納した人が加盟先で特典を受けられる「運転免許自主返納者サポート事業」を進めている。大仁署管内では観光施設「みんなのハワイアンズ」(伊豆の国市田京)が初めて登録され、28日、同署で施設掲示用のポスターとステッカーを受け取った。

 高齢運転者の免許証自主返納を促す事業。返納した人は運転経歴証明書を提示すると特典が受けられる。加盟する商店などはポスターやステッカーを貼り、事業を周知する。

 みんなのハワイアンズでは本人の入園料金(大人1200円)を半額にするほか、同伴者の料金を100円引きする。1日に始める。1月下旬の大仁地区安全運転管理協会の研修で事業について知り、賛同したという。

 営業部長の佐藤泰弘さんと専属フラガール「伊豆の踊り子ロコガールズ」の福田美織さんが同署を訪ねた。佐藤さんは「高齢者の事故防止が一番の目的。返納した人の家族が一緒に施設へ来て、一日過ごしてくれるとうれしい」と話した。露木克好署長は「早速事業に賛同してくれてありがたい。もっと増えてくれるといい」と感謝を述べた。

 【写説】サポート事業のポスターを受け取る佐藤さん(中央)と福田さん(右)=大仁署