外国人観光客向けマップを豊岡市長に手渡す日大福井ゼミ生=三島市役所

 ■日大ゼミ生が市に寄贈

 日本大国際関係学部の福井千鶴ゼミはこのほど、三島市に外国人観光客向けマップ3種類112部を寄贈した。外国人の増加対策と効果的な情報発信手段として留学生を含むゼミ生60人が作製した。

 寄贈したのはナイトマップ(15店掲載・中国語)手差し買い物マップ(12店掲載・英語)市観光マップ(ポルトガル・中国・韓国の3カ国)。サイズはA3判。日本語を知らなくても夜間営業店の案内やシートを指さすことで応対できる。昨年も観光マップ(3カ国語)のみ150部を寄贈した。

 福井教授ら4人が代表して豊岡武士市長を訪れ、マップを手渡した。豊岡市長は「東京オリンピックに向け外国人観光客は増えるので有効に使いたい」と感謝した。福井教授は「観光以外のマップを望む声があり、不足を感じたので2種類作った」と話した。

 マップはふじのくに地域・大学コンソーシアムのゼミ学生地域貢献推進事業助成対象研究。

 【写説】外国人観光客向けマップを豊岡市長に手渡す日大福井ゼミ生=三島市役所