防犯カメラ設置について感謝の言葉を受ける白井さん(右)と片岡さん(中)

 清水町に本社を置く臼井国際産業は地域貢献活動の一環として、伊豆の国市立韮山小に防犯カメラを贈り、2日、贈呈式が開かれた。

 同社総務部長の白井正宏さんや、韮山工場の韮山製造部長の片岡孝広さんらが同校を訪ねた。白井さんは「明るく元気で安全に過ごす役に立てばと思う」とあいさつ。児童会長の三田魁人君(6年)は「カメラのおかげで安心して生活できます。でも、カメラばかりに頼らず、自分たちも防犯に力を入れた生活をしていきたい」と感謝を述べた。カメラは既に取り付けられており、玄関付近を常時撮影している。

 カメラの購入は同社に設置されている自販機の売り上げの一部を充てたという。

 【写説】防犯カメラ設置について感謝の言葉を受ける白井さん(右)と片岡さん(中)