モニターで一般質問を傍聴する母親たち=伊豆市役所

 伊豆市議会一般質問が行われた9日、子ども連れの母親3人が、議場の近くにある委員会室のモニター画面で傍聴した。傍聴席では気を使わなければならない場合もあるため市が提案。母親たちは「ありがたい」と話した。

 訪れたのは修善寺、中伊豆、天城湯ケ島地区の母親たち。間野みどり氏の子育て支援に関する質問をメーンに聞きに来たという。母親は「今まで議会への関心が低かったが、親になり市政のことが気になるようになった」「いずれ子どもが中学に通うので、文教ガーデンシティ事業に関心がある」と話した。

 同市の「傍聴の心得」では、幼児や児童は傍聴席に入れないが、議長の許可があれば入室が可能。しかし、子どもがいつ泣きだすかなどの不安がある上、傍聴席に階段があるため、モニターが常設されている委員会室で傍聴した。

 【写説】モニターで一般質問を傍聴する母親たち=伊豆市役所