参加者とランニングする斉藤さん(左)=函南中体育館

 函南町体育協会主催のバレーボール教室が12日、町立函南中体育館で開かれた。元全日本代表の斉藤信治さんが小学生から一般まで4団体約80人を指導した。

 スポーツの振興と底辺拡大のため町体協単独で初開催した。斉藤さんは栃木県出身。元東レ・アローズ所属で、北京五輪(2008年)やワールドカップ、世界選手権に出場したトップアスリート。

 教室は斉藤さんの体験談を交えた講話や実技指導、参加者によるエキシビションマッチを行った。体協に所属するジュニア、ママさんチームや函南中、東中の部員が参加した。

 斉藤さんは講話で「目標に向かって頑張るのが大事。結果は後から付いてくる。バレーから諦めない心を教わった」と話した。実技では体をほぐすランニングからパスやスパイク、レシーブといった基本などを指導した。

 【写説】参加者とランニングする斉藤さん(左)=函南中体育館