掲示板に自分の受験番号を見つけ歓喜に沸く中学生たち=伊豆中央高

 県内公立高校は15日、2017年度入学者選抜の合格者を発表した。全日制93校(分校を1校とする)は募集定員2万1471人に対し2万3010人が受験、2万1288人が合格した。実質倍率は1・08倍(前年度比0・01ポイント減)。定時制18校は720人に352人が受験、324人が合格し1・09倍(0・02ポイント減)。単位制3校は576人に554人が受験し542人が合格。1・02倍(増減なし)だった。

 県立伊豆中央高では正午の発表を前に、中学生たちが続々と集まった。生徒たちは「寒い」「今すぐ発表してくれないかな」などと話しながら、緊張した面持ちで発表を待った。校舎内から掲示板が出されると、生徒たちは一斉に「やった」「受かった」と声を上げ、友達同士で抱き合ったり、携帯電話のカメラで掲示板を撮影したりしながら喜びをかみしめた。

 同校は230人が受験し、205人が合格した。

 【写説】掲示板に自分の受験番号を見つけ歓喜に沸く中学生たち=伊豆中央高