必勝を願いガンバロー三唱する小野氏(中)ら=伊豆の国市のアクシスかつらぎ

 ■現職小野氏後援会が決起大会 

 任期満了に伴う伊豆の国市長選(4月9日告示、16日投開票)に出馬を表明している現職・小野登志子氏(72)=南条=の後援会は19日夜、アクシスかつらぎで総決起大会を開いた。小野氏は4年間の実績と抱負を述べ、支持を呼び掛けた。

 応援演説には参院議員の片山さつき氏や衆院議員の渡辺周氏、勝俣孝明氏、県議、近隣市町の首長らが登壇。「どんな難題も諦めず取り組んでいく人」「女性ならではのきめ細やかさが市の発展には必要」などと支援の言葉を述べた。

 マイクを握った小野氏は、スポーツワールド跡地への企業進出が本契約になったことなどの成果を強調。農業・産業振興や雇用促進、福祉施策などを掲げた“新七つの命題”を挙げ、「伊豆の国市をもっと元気にさせていく」と誓った。

 最後は全員で「ガンバロー」を三唱した。

 【写説】必勝を願いガンバロー三唱する小野氏(中)ら=伊豆の国市のアクシスかつらぎ