修禅寺で記念撮影する訪問団とホストファミリー=伊豆市修善寺

 伊豆市にこのほど、有友好都市のカナダ・ネルソン市から市民訪問団が訪れた。コザック・デブラ市長をはじめ15人が5泊6日で訪問。ホームステイしながらさまざまな体験を楽しみ、伊豆市民とも交流した。

 修禅寺での座禅・抹茶体験、修善寺しいたけの里でのバーベキュー、達磨山ハイキング、習字・折り紙・着付け体験などを行った。シイタケやワサビ生産者、県立伊豆総合高郷土芸能部とも交流。デブラ市長は、高校生との触れ合いに感激した様子だった。

 ホームステイは、市交流協会(鈴木博美会長)会員や一般市民14人が受け入れた。ホストファミリーとの自由行動の日もあり、鈴木会長宅ではそば打ちを体験した。

 以前は中学生の相互訪問などを行っていたが、9年間は途絶えていた。旧修善寺町時代から数え今年が友好都市締結30周年に当たることから、訪問が実現したという。

 【写説】修禅寺で記念撮影する訪問団とホストファミリー=伊豆市修善寺