函南町の姉妹都市、米国カリフォルニア州カーマン市の訪問団が9日、来日する。町に滞在するのは12日から17日の6日間。学生を中心に6人が訪れ、同世代や住民と交流を深める。

 カーマン市は3年に1回、同町は2年に1回、訪問団を送るなど交流を深めている。今回は大学生と高校生5人に引率1人の6人が来町する。学生中心に訪問団を組むのは珍しい。

 このため滞在中の14日に、町立東中と県立三島南高での授業見学や生徒間交流を組んだ。15日には町都市交流協会が住民との交流セレモニーを町文化センターで開く。

 セレモニーは茶のお点前披露と町立函南中箏曲部の演奏からスタート。訪問団の紹介やプレゼント交換などを行う。同協会は7日まで参加者を募集している。

 一行はこの他、イチゴ狩りや原生林ランチ、仏の里美術館見学、給食試食などを体験する。

 両市町は1985年に国際親善友好都市提携した。同町も今夏、中学生中心の訪問団を派遣する計画だ。