イベントを盛り上げたハーレーパレード=伊豆市城の六仙の里公園

 ■舞台、模擬店にぎわう

 伊豆市城の六仙の里公園で2日、「第1回六仙さくらまつりin中伊豆」(実行委員会主催)が開かれた。出店やステージイベントを行ったほか、米国の有名メーカー「ハーレーダビッドソン」の大型バイク100台以上が集結。残念ながらソメイヨシノは開花していなかったが、多くの人が訪れイベントを楽しんだ。

 県内や関東などの愛好家の集まり「楽しいハーレー仲間」が参加。会場にバイクを並べ、来場者との記念撮影に応じた。フィナーレを飾った「ハーレーパレード」は、公園の外周を1周し、来場者に手を振りながら会場を後にした。

 ステージイベントは、和太鼓やバンドなどの演奏、ダンスパフォーマンスなどを実施。たこ焼きや焼き鳥、猪汁、桜餅、うどん、揚げ物、雑貨、ヨーヨー釣りなどの20以上の模擬店が並んだ。

 昨年まで市観光協会中伊豆支部と中伊豆ライオンズクラブ主催で開いていたイベントの規模を拡大。「人と自然と地域をつなぐ」をテーマに開いた。実行委員会は「地域活性化のため、市外から多くの人が中伊豆を訪れるようにしたい。六仙の里公園ももっとPRしたい。来年も継続する予定」と話した。

 【写説】イベントを盛り上げたハーレーパレード=伊豆市城の六仙の里公園