呼名を受け、起立する新入生たち=伊豆の国市の大仁中

 田方地区の多くの公立小中学校で7日、入学式が開かれた。新入生たちが新たな学校で式に臨んだ。

 伊豆の国市立大仁中(相馬美樹子校長)では新1年生143人を迎えた。新入生たちは真新しい制服に身を包み、体育館に入場。一人一人呼名を受けた。

 相馬校長は「本校の学校教育目標は『夢を拓(ひら)く~学ぶ喜びを分かち合う生徒』。一生懸命勉強や生徒会活動、部活動に取り組み、仲間と汗を流し、感動という宝物を手に入れてください」とあいさつ。新入生を代表し、高井奈々瀬さんが「今ここにいる喜び、希望、感激を忘れることなく、あらゆる活動に一生懸命励んでいく」と宣誓した。式後は1年部の担当職員を紹介。今後の予定などについて説明があった。

 【写説】呼名を受け、起立する新入生たち=伊豆の国市の大仁中