ライトアップされた赤蛙公園の桜=伊豆市修善寺

 伊豆市の修善寺温泉旅館協同組合(浅羽一秀理事長)は9日、修善寺の赤蛙(がえる)公園で「夜桜祭」を行った。満開のソメイヨシノをライトアップし、振る舞い酒や尺八演奏も行った。

 市が前年度事業で公園を整備したことを受けて初開催。あいにくの雨になったが、訪れた宿泊客らに“花見酒”を振る舞った。浅羽理事長は「来年も期間を長くして開くことなどを考え、誘客につなげたい」と話した。

 公園内には、同組合はじめ3団体が寄贈した枝垂れ桜も3本植えられている。市は枝垂れ桜へのスポットライトと足元灯を通年で点灯しており、これから見頃を迎える枝垂れ桜の夜桜見物も楽しめそうだという。

 作家島木健作(1903~45年)にゆかりある同公園は、修善寺温泉第1駐車場近く。初夏には「ほたるの夕べ」が開かれる。

 【写説】ライトアップされた赤蛙公園の桜=伊豆市修善寺