意見交換会する前年度PTA会長と本年度の会長予定者=伊豆市役所別館

 ■「生徒減り部活疲弊」「跡地利用見えない」

 伊豆市の小中学校の前年度PTA会長と本年度の会長予定者が12日夜、市役所別館に集まり、3校統合による新中学校建設を柱とした市の文教ガーデンシティ構想について意見交換会を開いた。参加者が賛否それぞれの意見を述べた。

 16人が参加。構想の概要説明の後、話し合いに移った。賛成の参加者は「現状では生徒数が減って部活動がますます疲弊する」「複数学級でないとクラス替えがなく、多くの友達と交わる機会が失われ人間関係を学ぶことができない」―などとした。反対の立場からは「合併特例債があるからではなく、一つ一つ課題をつぶしていくべき議論」「統合による環境変化は受験に差し支える。校舎の跡地利用も見えてこず過疎地域はますます寂しくなる」―などの意見があった。

 「保護者間でもあまり話題に上がっていないのが現状」といった、構想内容の浸透を求める声もあった。

 【写説】意見交換会する前年度PTA会長と本年度の会長予定者=伊豆市役所別館