中学校統合を主テーマに意見交換する出席者=伊豆市役所天城湯ケ島支所

 伊豆市民有志は16日、「第2回子育て世代の座談会」を市役所天城湯ケ島支所で開いた。「中学校統合」を主テーマに、文教ガーデンシティ構想を含め、市として望ましい教育環境などについて意見交換した。市、市教育委員会職員と市議をオブザーバーとして招き、必要に応じて回答や意見を求めた。

 中学校統合については「現在も専門ではない教科を教えている先生がいる。さらに先生が足りなくなるのは不安」「学校がなくなった地域の衰退が心配」「統合、小中一貫校、現在のままの、それぞれのメリット、デメリットを知りたい。情報が足りない」などの意見が出た。

 文教ガーデンについては「中学校統合は良いがなぜあの場所なのか」「なぜ公園やこども園などと一体に整備するのか」などの質問があった。職員の「人口減少対策の一環」という回答に対し、「伊豆に移住する人は田舎らしさを望んでいる」という意見もあった。

 次回は5月21日に開催する。合併特例債の期限で文教ガーデン事業が中止となった場合も、座談会は継続する予定だという。

 【写説】中学校統合を主テーマに意見交換する出席者=伊豆市役所天城湯ケ島支所