「温かみがある」と好評を得ているサイクリングマップを持つ落合さん

 ■女性職員1年かけ製作

 伊豆市観光協会天城支部(堀江昭二支部長)と天城湯ケ島温泉旅館協同組合(土屋晃組合長)が作製したサイクリングマップが、「温かみがあり、使いやすい」と好評を得ている。女性職員による手書きのイラストを使い、初心者向けから上級者向けまで8コースを記した全4種類。増加している外国人宿泊客にも人気だという。

 両団体は2012年度からサイクリング事業に力を入れている。事務所がある天城会館で、スポーツタイプの自転車をレンタルするとともに、お薦めコースを紹介している。

 マップは同組合事務局職員の落合知美さんが担当した。地図や順路、コース内の名所、立ち寄りスポットなど全て手書き。仕事の合間に1年ほどかけて仕上げた。実際に何度もコースを自転車で走ったり歩いたりしたという。落合さんは「途中で施設や店が変わることもあり、大変だった。多くの人に使ってほしい」と話した。

 コースは「湯ケ島温泉」「浄蓮の滝」「旧天城トンネル」「荒原の棚田」「吉奈温泉」など8コース。距離や所要時間の目安などを記した。外国語表記はないが、スマートフォンの地図アプリと併用する外国人も多いという。同支部の板垣敏弘事務局長は「いくつかのコースを組み合わせ、丸一日や1泊2日で楽しむ人にも使ってほしい」とPRする。

 マップはB4判の両面カラー印刷。レンタル利用者に配布しているほか、同支部ホームページからもダウンロードできる。問い合わせは同支部〈電0558(85)1056〉へ。

 【写説】「温かみがある」と好評を得ているサイクリングマップを持つ落合さん