函南町は今夏までに、妊娠から出産、育児まで継続した支援を実施する相談窓口「子育て世代包括支援センター」を町健康福祉センターに開設する。すでに4月から新規のサポート事業がスタート。さらに手厚い支援に取り組み、子育てしやすい町を目指す。

 これまで町は母子手帳交付後の妊婦と関わる機会が少なく、出産後に保健師が自宅訪問で対応していた。このため妊娠中から産後に掛けて多様な相談の受け皿として専用相談室の新設を計画。妊婦が住む地区の担当保健師の紹介、サポートプランの提供などを行う。

 すでに本年度からの新規サポート事業として、妊婦への保健師全戸電話相談や研修を受けた「先輩ママの家庭訪問」産後の「助産師の母乳相談」などを実施。産後ケア事業で産科医院へのショートステイ(宿泊)やデイケア(日帰り)一時預かりを行っている。

 従来の事業と合わせた手厚い支援プランに取り組み「産みやすい、育てやすい町」を目指す。