園内で見頃を迎えたフジの花=伊豆市の修善寺虹の郷

 伊豆市の修善寺虹の郷で、フジの花が見頃を迎えた。来園者が藤棚から垂れた薄紫色の花のトンネルを楽しんでいる。

 園内の日本庭園に設置した全長約250メートルの藤棚に、ノダナガフジやショウワシロフジなどが植栽されている。今年は4月下旬に咲き始めた。例年より5~7日遅かったが、大型連休の好天で開花が進んだ。

 薄紫色が中心だが、ピンク色や白色の花を付ける種類もある。施設担当者は「フジの花とともに新緑も楽しんでほしい」と話している。今週末までは見頃が続きそうだという。

 【写説】園内で見頃を迎えたフジの花=伊豆市の修善寺虹の郷