伊豆市議会は10日、議会運営委員会を開き、臨時会を15、16日の2日間開催にすることを決めた。3月に一般会計予算から削除した文教ガーデンシティ事業関連の約8億1800万円を歳入歳出に追加する補正予算案など2件を審議する。合併特例債の期限の関係から、同事業について審議する“最後の議会”になるとみられる。

 両日とも午前9時半に開会する。初日は本会議で提案理由の説明などを行った後、委員会に付託する。委員会は質疑、議員間討議までを合同で実施。討論、採決は第1、第2の委員会ごとに行う。

 16日は委員長報告、討論に続き、採決を行う。

 同事業を巡っては、3月定例会で関連予算を削除する修正動議が賛成多数で可決。その後、市長の再議書提出に伴い開かれた臨時会で修正案、原案がともに否決され、一般会計予算案は廃案になった。市は市民生活への影響を考慮し、文教関連の大部分を削除した予算案を改めて提出。年度内ギリギリの30日の臨時会で可決した。