■「多彩な催しが効果」

 三島市笹原新田の三島スカイウオーク(宮沢俊二社長)はこのほど、7日まで9日間の大型連休中に8万9千人(前年比9・1%増)が来場したと発表した。同社は「期間中に多彩なイベントを開催したことが増加につながった」と話している。

 最も多かった4日の1万7500人を含む3~5日の3日間は1万人を超えた。期間中は移動水族館や夜間営業のナイトスカイウオーク、ライブを開催した。同社は「イベントに加え天候に恵まれたこと、開業から1年半経過し認知度が上がったことも要因」と推測している。