希少価値の高い土肥特産の白ビワ

 伊豆市の土肥温泉旅館協同組合が、松原公園前で運営する直売施設「特産市ありがとう」は、特産の「白ビワ」の販売を始めた。今年は豊作で味も上々という。

 白ビワは果肉が白く、果汁がたっぷりで糖度13度前後と甘みが強いのが特徴。収穫期間が短い上、傷つきやすいので市場に出回らない「幻のビワ」と呼ばれている。観光客に人気で、入荷の少ない日は、すぐに売り切れてしまう。同組合事務局の鍵山友一さんは「価値のあるビワ。せひ味わってほしい」と話す。

 6月上旬まで販売する予定。1パック8~12個入りで400~600円。営業時間は午前9時~午後4時。問い合わせは同施設〈電0558(98)0802〉へ。

 【写説】希少価値の高い土肥特産の白ビワ