フラッグ引き継ぎ式に出席した川勝知事、井村さん、岩崎さん、梅原さん、菊地市長(写真左から)=伊豆市の伊豆ベロドローム

 ■岩崎恭子さん、川勝知事ら出席 旗継承、盛り上げ誓う

 2020年東京五輪・パラリンピックの自転車競技会場となる伊豆市大野の伊豆ベロドロームで30日、開催3年前イベント「ふじのくにサイクルチャレンジ・イン伊豆」が開かれた。フラッグツアー・フラッグ歓迎イベントでは、フラッグアンバサダー(大使)を務める沼津市出身でバルセロナ五輪競泳金メダリストの岩崎恭子さんが、川勝平太知事や菊地豊伊豆市長らにフラッグを引き継ぎ、3年後に向けて機運を高めていくことを誓った。

 歓迎イベントには、伊豆各市町の首長のほか、住民や自転車愛好者ら約800人が来場。岩崎さんが川勝知事と地元代表の井村安里さん(修善寺中3年)にオリンピック、菊地市長と梅原和香さん(修善寺南小6年)にパラリンピックのフラッグを引き継いだ。

 岩崎さんは「オリンピックはたくさんの人に感動と勇気を与える。今日が、オリンピックへの関わり方を考えるきっかけにしてほしい」とあいさつ。川勝知事は「伊豆は世界に向けて大きく羽ばたく出発点に立った。フラッグを引き継ぎ、成功させる決意を新たにした。県全体で機運を盛り上げていく」と述べた。

 イベント終了後、菊地市長は「伊豆市だけでなく、伊豆半島の五輪としてみんなで頑張っていく。万全な体制で臨めるよう、準備する」と力を込めた。

 3年後の東京五輪・パラリンピックで自転車トラック競技の開幕日に合わせて開催した。岩崎さんによるトークショーや自転車競技クイズ、日本トップクラスの選手によるデモンストレーション走行、トラック走行やマウンテンバイクなどの体験会も実施し、3年後の競技開催をPRした。

 ■1カ月、県内を巡回

 フラッグツアーは歓迎イベント終了後、伊豆の国市の韮山反射炉と三島市役所を回った。フラッグを載せた車とともに、菊地豊伊豆市長や豊岡武士三島市長らがロードバイクで三島市役所まで走った。

 同ツアーは東京都や東京2020組織委員会などが主催し、東京や県など開催自治体を皮切りに全国展開される。県内では8月30日まで約1カ月かけて県東部を中心に巡回し、歓迎セレモニーや展示などを行う。31日は、沼津市や長泉町など6市町を訪れる。

 普段は目にすることのない東京五輪・パラリンピックのフラッグを見てもらうことで、県内で機運醸成を推進することが狙い。

 【写説】フラッグ引き継ぎ式に出席した川勝知事、井村さん、岩崎さん、梅原さん、菊地市長(写真左から)=伊豆市の伊豆ベロドローム