小野市長(後列中)を囲み「ナンバーワン」のポーズを取るパワフルキッズのメンバー=伊豆の国市役所

 ■関東中学総合2位 「力出し切りたい」

 伊豆の国市を拠点に活動するチアリーディングチーム「パワフルキッズ」(相原健二監督)の中学生たちが8月に東京都で開かれる「ジャパン・カップ2017」出場する。28日夕、市役所で小野登志子市長に報告した。

 6月24日に東京体育館で開かれた「第19回関東チアリーディング選手権」の中学校の部で総合2位に入った。出場は18チームで、同チームは中学1~3年14人が、規定と自由の両演技を披露した。応援やマナーが優れたチームに贈られる「ベストマナー賞」も3年連続で受賞した。

 キャプテンの植木姫凪さん(函南東中3年)は「関東大会では悔しい思いもしたので、ジャパン・カップでは力を出し切ってリベンジしたい」と語った。3年生からは「最後の大会なので力を出し切りたい」「うれし涙で終われるようにしたい」といった声もあった。

 相原監督は「まず決勝に入り、優勝を目指す」と目標を掲げる。小野市長は「思い切って、いつもの笑顔で頑張って」と激励した。

 大会は東京体育館で18~20日の日程で、19日に準決勝、20日に決勝が行われる。

 【写説】小野市長(後列中)を囲み「ナンバーワン」のポーズを取るパワフルキッズのメンバー=伊豆の国市役所