読経に合わせ焼香する参列者=伊豆市修善寺の修禅寺

 伊豆市修善寺の修禅寺(吉野真常住職)は1日夜、先祖を供養する「施食会(せじきえ)」を開いた。開始前から降りだした強い雨のため、盆踊りは中止した。

 檀(だん)信徒会館には、宗派を超え多くの人たちが参列した。吉野住職はじめ僧侶による読経が流れる中、参列者が焼香した後に手を合わせ、先祖の冥福を祈った。

 引き続き修禅寺寄席を開いた。地元出身の真打ち・春風亭傅枝さんの落語、水口千令(ちはる)さんの紙切り芸を楽しんだ。

 盆踊り中止に伴い、じゃんけん大会も行った。傅枝さん、水口さんとじゃんけんし、勝ち残った人には手ぬぐいなど寺の品がプレゼントされた。

 田方地区は「一日盆」の慣習があり、毎年この日に催している。

 【写説】読経に合わせ焼香する参列者=伊豆市修善寺の修禅寺