民進党の細野豪志氏(45)=衆院静岡5区選出=は4日、東京都内で開かれた自身が立ち上げたグループ「自誓会」の会合で、離党する意向を表明した。

 細野氏の三島事務所によると、細野氏は会合で「離党して、新党結成を目指す」と話した。理由としては、自民党の受け皿となるような新党を考えたという。離党の時期は、21日の党代表選告示前のできるだけ早くになる見通し。

 細野氏は4月、憲法改正について党と考えが違うことを理由に代表代行を辞任している。