開会式で行進する選手たち=伊豆市下白岩の志太スタジアム

 ■伊豆少年団は1次リーグ敗退

 日本KWB野球連盟(志太勤会長)などが主催する中学生の「第17回U―15全国KWB野球選手権大会in伊豆」は2日目の7日、伊豆市下白岩の志太スタジアムなどで1次リーグを行った。三島・田方地区で構成する伊豆少年野球団は、岩手県代表のMSクラブに1―6で敗れ、決勝トーナメントに進めなかった。雨のため、日程を一部変更した。

 開会式も同スタジアムで開き、全国から出場した16チームが堂々と行進した。大会会長を務める太田保・同連盟副会長は「郷土の代表としての誇りを持ち、力いっぱいプレーしてほしい」と開会宣言した。

 雨により延期になった1次リーグの残りと決勝トーナメント準決勝を8日に、決勝戦を9日に行う。

 【写説】開会式で行進する選手たち=伊豆市下白岩の志太スタジアム