専門のはさみでヘアカットに挑戦する小学生=三島市の県東部総合美容学校

 ■県東部初、小中50人に技術指導

 県美容業生活衛生同業組合主催の美容師体験イベント「美ッザニア」が7日、三島市寿町の県東部総合美容学校で開かれた。市内外から小中学生約50人が参加。カットからネイルまで美容全般を体験した。

 イベントは後継者育成事業の一環として昨年、静岡市の県美容専門学校で始まり、東部地区は初開催。組合青年部員30人が講師になってカット、シャンプー、ヘアアレンジなどの“プロの技”を手ほどきした。

 子どもたちに人気だった一つがカットとアレンジ体験。ウイッグの髪を切ったり編み込んだりと楽しみながらも真剣な表情で取り組んだ。カットに挑戦した三島市の小学6年生女子は「髪の長さをそろえるのが難しいけれど興味がある」と学校と勝手が違うはさみの持ち方に苦戦しながらも楽しんでいた。つけ爪のネイルアートも完成するとさっそく自分の指に付けて満足そうな様子だった。

 同組合は「後継者を増やすだけでなく、将来にわたって地元に住み続けるための仕事をイメージできるようになってほしい」と話した。

 【写説】専門のはさみでヘアカットに挑戦する小学生=三島市の県東部総合美容学校