伊豆市は2月末まで、高校2年生を対象にした「思春期歯科検診」を行っている。歯科保健対策の“空白期間”を補うため、県内で唯一実施している。

 市は1歳6カ月からフッ化物塗布を始め、小学校ではフッ化物洗口を行っている。こども園、小中学校では歯科教室を開いているが、高校生から20歳までの5年間は市が実施する歯科保健対策がないため、次代を担う子どもたちの生涯を通じた歯科保健対策として始めた。

 対象は市内に住民登録がある高校2年生相当。市内の歯科医院に直接予約する。問診、虫歯や歯周病のチェック、ブラッシング指導は無料で、治療が必要な場合は保険診療になる。問い合わせは同市こども課〈電0558(72)9850〉へ。