伊豆総合高1年生のお薦め本を紹介したコーナー=伊豆市の修善寺図書館

 伊豆市小立野の市立修善寺図書館は夏休み期間中、県立伊豆総合高1年生による「お薦め本紹介コーナー」を設置している。子どもや親子連れの来館が増える時期に合わせ、高校生が読んでほしいと思う本を紹介した。

 絵本は「そらまめくんのベッド」「もうぬげない」、物語本は「植物図鑑」「風が強く吹いている」、実用書は「毎日のちょこっとあそび」「長く速く走る技術」など、さまざまなジャンルの38作品を紹介した。高校生が文字、イラストなどを使い、推薦理由や読みどころを記している。

 来館者は「知らない本が多く、お薦め理由も読んでいて楽しい」「イラストや絵もうまい」などと話しながらコーナーを眺めている。渡部雅代さん(松ケ瀬)は「逆に高校生がこんな本を読んでいるんだと分かる。自分が知っている本もあり、高校生と同じ本を読んだと思うとうれしい」などと感想を語った。

 同校図書課の西島ゆかり教諭が、市子ども読書活動推進委員会委員を務めているため実現した。

 【写説】伊豆総合高1年生のお薦め本を紹介したコーナー=伊豆市の修善寺図書館