広島、長崎の原爆投下時の写真や絵=伊豆の国市の中央図書館

 伊豆の国市は27日まで、市立中央図書館で「原爆と人間」パネル展を開いている。15日の終戦の日に合わせての開催で、30枚のパネルを通して原爆投下による惨禍を今に伝えている。

 広島と長崎に原爆が落とされた時の“きのこ雲”をはじめ、投下後の人々の苦しみを表現した絵や写真のパネルが並ぶ。戦後の被爆者たちの核廃絶を求める運動なども取り上げている。

 パネル展は2015年から毎年開いている。市総務課は「近くでも北朝鮮が核実験を行っていたりする。身近なこととして考えるきっかけになるといい」とした。

 【写説】広島、長崎の原爆投下時の写真や絵=伊豆の国市の中央図書館