署員らに見守られながら登校する児童たち=伊豆の国市長岡

 「秋の全国交通安全運動」が21日に始まった。30日まで「安心をつなげて広げて事故ゼロへ」をスローガンに交通事故防止を訴える。

 大仁署管内では初日早朝、伊豆市と伊豆の国市で出発式が開かれた。伊豆の国市役所では平井伸英署長が「高齢者の方に『道路を正しく渡る』『自発光式反射材を付ける』の2点を呼び掛けているが、徹底されていないのが実情。1件でも事故を減らすべく協力をお願いしたい」と呼び掛けた。式後は市役所前をはじめ、市内の主要交差点10カ所で関係者が旗を手に立ち、安全運転を促した。

 両市は期間中、夜間の街頭指導や高齢者への啓発活動などを展開する。

 【写説】署員らに見守られながら登校する児童たち=伊豆の国市長岡