優秀賞の梅原さんの作品「ぐるんぱの夢」

 ■奨励賞に瀧本さん、萩原さん

 伊豆、伊豆の国両市の陶芸教室「遊YOU窯」(原田せつ子さん主宰)に通う教室生3人がこのほど、日本陶芸教室連盟主催の「第10回ペアカップ展」で、入賞した。梅原綾子さん(49)=伊豆市月ケ瀬、修善寺教室=が優秀賞、瀧本万寿子さん(74)=伊豆の国市四日町、あやめ教室=と萩原さらさん(15)=伊豆の国市立大仁中3年、同=が奨励賞に輝いた。

 ペアカップに限定した陶芸展で、さいたま市で8月末から9月中旬にかけて開かれた。約60点が出品され、大賞(1点)、優秀賞(3点)、奨励賞(9点)の13点が選ばれた。

 梅原さんは、好きな絵本を題材にゾウをイメージした「ぐるんぱの夢」が受賞。「予想していなかったのでうれしかった。筆を使って絵を描き、楽しく自由に作ることができた」と喜んだ。

 瀧本さんは花をデザインした「はな花カップ」で2年連続の奨励賞となった。「教室だけでなく、自宅でも作品作りに取り組んだ。色がきれいに出て良かった。もっと勉強して技術を上げたい」。萩原さんは自宅で育てているツバキの品種・侘助をモチーフに、カップと受け皿を合わせた「侘助」で受賞。「自信はなかったが、気に入った作品だったので受賞できてうれしい」とそれぞれ話した。

 原田さんは「一度に3人の受賞者がでたことにびっくりした。作品の出来も良く、とてもうれしい」と語った。

 入賞作品は8、9日に伊豆の国市古奈のアクシスかつらぎで行われる市民文化祭で展示するという。

 【写説】優秀賞の梅原さんの作品「ぐるんぱの夢」