月見用にススキを配る関係者=三島市の三島広小路駅

 伊豆箱根鉄道グループのOBで組織する社友会(大川明芳会長)は4日、三島市の三島広小路駅前でススキをプレゼントした。中秋の名月を家庭で楽しんでもらおうと、11年前から続けている。

 会員約10人と社員が参加した。サツマイモや団子などを飾ってお月見気分を演出し、駅利用者や通行人に「今夜は中秋の名月です」「十五夜にススキを」などと声を掛けながら200束を配った。

 ススキは函南町の会員所有地から取り、ケイトウやオミナエシなどもセットにした。大川会長は「今はススキを手に入れるのも困難で、毎年評判が良い。家に飾って楽しんでほしい」と話した。

 【写説】月見用にススキを配る関係者=三島市の三島広小路駅