ふれあい広場で展示する食育ポスター入選作=函南町保健福祉センター

 ■金賞に鈴木さん、半田さん

 函南町食育推進委員会(上野力永委員長)が初開催した食育ポスターコンクールの出品作が、15日に町役場駐車場で開かれる「第35回町ふれあい広場」で展示される。

 コンクールは子ども達の「食」への理解、関心を高め、朝食や野菜を食べることの大切さを考える機会にするのが目的。低学年と高学年の2部門に5小学校が46点を出品した。

 入選作の中には、朝食を笑顔で食べる姿や共食をテーマにした作品、卵が食卓に並ぶまでの循環を意識したものもある。同委員会は「バランスの良い食事を考える機会にしてほしい」と来場を呼び掛けている。

 ふれあい広場で全作品を紹介して、20~26日までかんなみ知恵の和館に入賞作を展示する。

 入賞者は次の通り。

 【低学年】金賞 鈴木明衣(函南小3年)▽銀賞 金原央輔(桑村小3年)▽銅賞 芹沢柚香(東小2年)

 【高学年】金賞 半田詩乃(西小6年)▽銀賞 山本和(同5年)▽銅賞 倉沢悠晋(同)

 【写説】ふれあい広場で展示する食育ポスター入選作=函南町保健福祉センター