豊岡市長に要望書を渡す山形観光協会長=三島市役所

 三島市観光協会(山形武弘会長)は17日、市にJR三島駅南口東街区再開発事業を含む観光施策創出6項目を要望した。山形会長と副会長5人が市役所を訪れ、豊岡武士市長に要望書を手渡した。

 要望は三島駅南口では(1)東街区再開発事業の推進(2)西側に建設するホテルとの連携強化、観光戦略事業では(3)観光施設のデータベース化(4)ソーシャル・ネットワーク・サービス(SNS)を活用した情報発信(5)旅行業者による下見招待旅行(ファムトリップ)、(6)女性部会(仮称)の設置に伴う支援を求めた。

 この内、東街区再開発事業は市民や旅行者に快適で安全な都市環境を提供する上で必要とし、拠点創出による回遊性向上が観光振興につながると期待を表明した。山形会長は「観光振興の推進、にぎわい創出に向けての支援と東街区再開発事業の推進を積極的に図ってほしい」と要望した。

 豊岡市長は6項目について「できる限り要望実現に努めたい。東街区は全力で取り組む。バックアップをしてほしい」と話した。

 【写説】豊岡市長に要望書を渡す山形観光協会長=三島市役所