「商議所女性会の歌」を斉唱する交流会参加者=三島市本町

 ■「未来構築へ積極活動」

 第26回県商工会議所女性会連合会(太田順子会長)の県内交流会「三島大会」が17日、三島市本町のみしまプラザホテルで開かれた。10女性会から約180人が参加。講演会や交流会を通して情報交換しながら親睦を深めた。市内開催は11年ぶり。

 式典は歓迎の箏曲演奏、女性会の歌の斉唱に続き、太田会長が「三島のパワーをもらい頑張ろう。明るい未来構築のため積極的に活動したい」とあいさつした。

 “ホスト役”の三島商議所女性部の村上高子会長は「大会目標は人とのつながり、交流。積極的に情報交換してほしい」、稲田精治会頭は「大会は人をつなぐ良い機会」と呼び掛け、来賓の豊岡武士市長もあいさつした。

 講演会は静岡大の大村和子名誉教授が「仕事も暮らしも楽しく」の演題で語った。物産展や交流を兼ねた昼食会、アトラクションを通して出席者は互いに活動や課題などを紹介して情報交換を図った。来年は袋井市で「袋井大会」を開く。

 【写説】「商議所女性会の歌」を斉唱する交流会参加者=三島市本町