浦安の舞を奉納する女児たち=伊豆の国市長岡の日枝神社

 伊豆の国市長岡の日枝神社で22日、例大祭が行われ、神事で地元の小学生5人が浦安の舞を奉納した。美しい衣装でみやびやかに舞い、見物客を魅了し、大きな拍手を浴びた。

 舞姫は市立長岡南小6年の小出優姫さん、西山遥奈さん、同5年の佐藤紗葵さん、内田結理さん、鈴木那奈さん。小坂神社の大川公宮司が神事を行い、祝詞奏上、県立田方農業高1年の中村友香さん、国際医療福祉大1年の花房沙緒里さんのみこ宣誓に続いて浦安の舞が奉納された。

 5人は練習の成果を発揮、扇や鈴を手に息の合った優雅な舞を披露した。小出さんは「上手に舞うことができた」、西山さんは「本番は間違えずに鈴ができた」、佐藤さんは「みんなと合わせられ楽しかった」、内田さんは「自信を持って踊れた」、鈴木さんは「今までの中で最高(の出来)」と満足そうに話した。

 境内では福引や子どもしゃぎりなどが行われた。あいにくの雨にもかかわらず多くの住民でにぎわった。

 【写説】浦安の舞を奉納する女児たち=伊豆の国市長岡の日枝神社