富士山麓に生きるキノコを撮影した作品=三島市のさんしんギャラリー善

 ■富士山麓のキノコ

 三島市芝本町のさんしんギャラリー善で25日まで、御殿場市に住むグラフィック・アーティスト鈴木安一郎さんの作品展「原生林から来たきのこたち」が開かれている。富士山麓に生きるキノコを撮影した写真作品37点を展示し、市民らの関心を集めている。

 平面作品を中心に個展やグループ展で作品を発表。キノコ採取をきっかけに天然キノコに興味を持ち、写真作品に取り組んでいる。

 会場には、赤や白、紫色をはじめさまざまな種類のキノコの作品が並んでいる。同ギャラリーは「自然造形美の美しさを凝縮しているキノコの世界を楽しんでほしい」と話している。

 午前10時~午後6時。木曜休館。問い合わせは同ギャラリー〈電055(991)0034〉へ。

 【写説】富士山麓に生きるキノコを撮影した作品=三島市のさんしんギャラリー善