マグロの解体ショーに見入る来場者=伊豆の国市役所長岡庁舎広場

 ■名物の豚汁、抽選会も

 伊豆の国市商工会は19日、「第41回伊豆長岡商工祭」を市役所長岡庁舎広場で開いた。飲食を中心に30以上のブースが並んだほか、抽選会、餅まき、マグロの解体ショー、ステージイベントなどが繰り広げられ、多くの市民らでにぎわった。

 解体ショーは数年ぶりに“復活”。キハダマグロを伊豆誠心調理師会の会員が包丁で豪快にさばいた。マグロは数量限定で無料で振る舞い、鉄火丼にして販売もした。

 ブースではおでん、ラーメン、すし、焼きそば、衣類、木工製品などを販売し、人気を集めた。名物の豚汁「商工祭鍋」は600食を用意し、謝恩価格の100円で提供。来場者は熱々を味わった。豪華賞品が当たる抽選会も好評だった。

 【写説】マグロの解体ショーに見入る来場者=伊豆の国市役所長岡庁舎広場