富士山を撮影する行楽客=伊豆市のだるま山高原レストハウス

 ■気温下がり 澄んだ青空広がる

 伊豆地方は21日、高気圧に覆われた上に気温が下がり、澄んだ青空が広がった。三島・田方地区からは、中腹まで雪に覆われた富士山の姿がクッキリと見られた。

 伊豆有数のビュースポットとして知られる伊豆市のだるま山高原レストハウスには、午前中から多くの行楽客が訪れた。駿河湾越しに富士山を眺め、「わー、きれい」「すごい」などと感嘆の声を挙げ、カメラやスマートフォンで撮影した。東京都の夫婦は「修善寺温泉に2泊して、帰りに観光マップを見て立ち寄った。すごく良い風景。ラッキーだった」と笑顔で話した。

 静岡地方気象台によると、同日の三島の最低気温は、12月中旬並みの1・9度。22日は午後から雨で、最低気温4度、最高気温14度の予報が出ている。

 【写説】富士山を撮影する行楽客=伊豆市のだるま山高原レストハウス