宝船に積んだ箱根西麓三島野菜の宝分けを行う商工会議所成年部員ら=三島市の三嶋大社

 三島市内各所で23日、多彩なイベントが繰り広げられた。三嶋大社では商工会議所青年部とJA三島函南青壮年部による新嘗(にいなめ)祭が開かれ、家族連れを中心に多くの人出でにぎわった。

 市内はこの日、「三島秋まつり」と題して新嘗祭、門前市、伊豆箱根ふれあいフェスタなどが開かれた。「三島フードフェスティバル」も桜川沿いをメーン会場に6カ所で繰り広げた。

 新嘗祭は奉納した箱根西麓三島野菜の宝分けや宝汁を無料配布した。奉納したのは白菜やキャベツなど約3トン。前日、大社芸能殿に全長約4メートルの宝船に積んで展示した。

 奉納野菜を使った宝汁には来場者の長い列ができた。その横で部員らは「こちらにキャベツ」「もっと袋に詰めて」と無料配布する宝分け作業に汗を流した。門前市では餅まきなどが開かれた。

 【写説】宝船に積んだ箱根西麓三島野菜の宝分けを行う商工会議所成年部員ら=三島市の三嶋大社